メイン | 2005年08月 »

2005年07月29日

台北日誌195:またまた登場

spiderman.gif
■好評だったので、つい‥
拾いものですが、好評だったのでついBlogの画像アップロード機能のテストとして貼り付けます。何度見てもこれはお茶目です。

■管理は楽だが
これで4回目のBlog更新ですが、物目ずらしさのためか続きました。Webの更新はいつもこんな調子です。Blogが便利かと言えば一長一短ですね。これまで"HTML編集"→"HomepageBuilder"→"Blog"とその編集方法は変わりましたが、丁度テキスト編集と編集ツールの中間ぐらいといった表現が正しいかと思います。管理は楽になりましたが、HTMLの基礎知識を引き出しの奥から引っ張り出す毎日です。

投稿者 taipeih : 00:10 | コメント (0)

2005年07月28日

台北日誌194:味覚は変わる

■最近のお気に入り
外食天国の台北で、週末だけ外食というのは極めてめずらいしいかもしれません。しかし、周りに流されて毎日外食をしていると、あっという間にぶくぶくになります。(ここはツッコミいらん)
長い台北生活を経験すれば、近所を中心におのずと定番のメニューは決まり、昼食夕飯として、最近のお気に入りは次の通りです。

 1.徒歩30秒の雪菜肉絲麺(50元)
 2.徒歩3分の牛肉麺(70元)
 3.徒歩3分の高麗菜水餃(60元)
 4.徒歩5分の鶏排(40元)
 5.自転車3分の海鮮料理(一品100元)
 6.自転車3分の一人しゃぶしゃぶ(180元)
 7.自転車5分の鉄板焼(150元)

安いものでは日本円約150円、高くても約600円と非常に手軽なものばかりです。中華圏なので中華料理ばっかり喰っているようにおもわれがちですが、意外と質素(十分)なものです。もちろん友人が来た場合は、それなりのおもてなしをしますので、ご心配なく。
でも、実はこれらにこそ価値があるので、機会があればUpしたいと思います。

■味覚は変わった?
答えはYes。帰国時に良く気づくのですが、当たり前に日本で食べていた食事に好みが発生しました。以前よりもおいしく感じるものあれば、逆にまずく感じるものがあります。
また、上記の食事は台湾であれば普通にどこでも食べられるものですが、何か特別なものを求めるようになりました。よりコアな味を好むようになったと言うことです。

■現地化
外資会社の経営テーマとして「現地化」がよく謳われますが、違った意味で自分の中の「現地化」を感じる今日この頃‥・

投稿者 taipeih : 12:55 | コメント (0)

2005年07月27日

台北日誌193:ビザ免除

■特例法今国会成立の見通し
日本人の短期台湾滞在はビザが免除されています。
逆に台湾人の短期日本滞在は現時点では「愛・地球博」の期間限定で免除ですが、今国会でビザ免除恒久化の見通しとなっています。ただし、国交はないので特例法という扱いです。

■巧みな戦術と努力が実る
首相自ら観光誘致のプロモーションに乗り出す日本は、もっともっと観光客に来てほしいと思っています。。この状況において台湾人観光客は魅力です。なぜなら、年間約100万人の観光客は韓国に次いで2番目で親日、近距離といった好条件が揃っているので、ビザ免除は観光客増加の起爆剤となりえます。
しかし、相思相愛でありながら、お隣の国の動向が気になり決定できなかった背景があります。これまでの現状に対し、台湾は観光客数の実績だけでなく、観光につかう費用の多さ、犯罪率の低さを理由として、ビザ免除がどれだけ日本にとって利益有ることかを長い間をかけて説明してきました。一方日本は、もちろん理解した上で、まず期間限定としてビザ免除に踏み切り、その間の実績を盾に恒久化への道筋をつけました。こうした努力と戦略がビザ免除恒久化につながったのです。
そして、忘れてはいけないお隣の国へはこれまで地域限定されていた、ビザ発行を全土に拡大することで示しをつけることにしました。

■ようこそ日本へ
台湾人観光客へのビザ免除化への見通しが立ったこと、非常に喜ばしいことです。
ようこそ日本へ。我々のような一般市民が友好をささえていると確信しています。

投稿者 taipeih : 17:30 | コメント (0)

2005年07月26日

台北日誌192:沈黙を破りBlog化(か)?

「沈黙は金なり」改めてこの言葉のありがたみを知るこの頃です。

何をいまさら、台北ベヴンはBlogにて登場しました。
かといって内容が充実するかは、結局管理者次第なのです。
だから期待はできません。ご愁傷様。とにかく「沈黙は金」ということで。

「どうしてBlog?」という疑問は自分が一番抱いています。
しばらくBlogの行方を見守っていましたが、あまりにも浸透しているのでやってみたくなっただけ。
すぐに更新が停滞し、元の鞘に納まる可能性大なので、このページをみた人はラッキーかも。

投稿者 taipeih : 18:26 | コメント (1)