« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月25日

ニヤリ北京語022:黒道

yakuza.jpg北京語黒道
発音へい・だお
意味極道、ヤクザ
台湾にもいるいらっしゃいます
(写真はイメージ図のはずです)

投稿者 taipeih : 21:12 | コメント (0)

台北日誌205:ウドの大国

■みみっちい某国
台湾に対して武力行使の牙を向ける某国は、700基余りのミサイル、反国家分裂法と着々とその準備を進め、ついに実践を想定した軍事演習をロシアと共同で行った。山東半島を中心とした海域での演習は、まさに島国である台湾の侵略を示唆したものにほかならない。

こうした非道なやり方は、黒道(ヤクザ)と変わらない。いや、今はヤクザも進化しているので、比較しては申し訳ない。そう、仁義のかけらもない。度量なんて持ち合わせていない。大国と言われるわりには、みみっちい奴らと思わざるを得ない。「ウドの大国」というに相応しい。(ウドに悪いか....?)

こうした国にODAを出す政府、バラ色の経済であるかのように報道するマスコミ、我もと経済投資する企業。。。。結果的に加担していることは、寂しくもあり、嘆かわしい。

war_sim.jpg■その最中
派手な軍事演習ばかりが取り上げられる中露合同軍事演習だが、一方ではシュミレーションも行われている。この写真は軍事演習中の8/22に撮影されたものとして、Net上にリークされていた。撮影された場所が不明確なため、ここで直接関連図けることは早計と取られてもしかたないが、公式に言わずとも軍事演習が台湾侵攻を意図していたことは明らかである。

軍艦と思われる形が台湾を取り巻いている。写真の説明には「兵士救助のシミュレーション」とあったが、攻める場所と一致すると考えるのが自然だろう。ここから読み取れることは、台北をはじめとした人口集中地を攻撃地点として想定していることである。一般市民をもターゲットにしている。

「ウドの大国」は血も涙もない。あきれてを通り越して、そこに住む人民が気の毒で心配になってくる。解放軍は銃を向けることはあっても、解放してくれないのだから。

投稿者 taipeih : 20:30 | コメント (0)

2005年08月23日

ニヤリ北京語021:裴勇俊

yong.jpg北京語裴勇俊
発音ぺい・よん・じゅん
意味韓流に乗って笑っている韓国芸能人の名前
胸をはだけた服装が好みのようだ

投稿者 taipeih : 20:10 | コメント (0)

台北日誌204:ヨンさまさま。

■ヨンさま、きていました
「冬のソナタ」をはじめとする韓流ブームは、日本だけかとおもいきや台湾にも到着。週末にベ・ヨンジュン來台してて、その加熱報道はすさまじかった。いやはや韓流ブームってどこまでが本当なのでしょう。日本から飛び火したような印象です。年末年始でNHK見るたびに、ブームを煽っている様子を見てからずっと疑いの目です。公共の電波を使って、そこまでしていいものか?

■笑顔って、なにもそこまで
しかし、ヨンさまのあの笑顔、これは天性のスターか?物まねすると顔が引きつってしまう。かなり顔面筋肉を強化しているに違いない。笑顔で思い出しましたが、とある夜市に芸能人のポスターなどを販売する店があって、そこでベさまのトランプが買えます(非合法と思われる)。52+2枚、全て夢に出そうなまでの笑顔の連続です。

■松田聖子もきていました
同じ週末には松田聖子さんがコンサートしていました。一方の加熱報道ぶりを見ると、落ち着いた感じに見えて、好印象でした。いやあ、意外だった。

投稿者 taipeih : 19:27 | コメント (0)

2005年08月22日

台北日誌203:ミャンマー人街

■じっとしてられない
元来、出不精(デブ性ではない)ではあるが、「よし、今週末はまったりと過ごすぞ!」と決めた週末ほど、出かけたくなる衝動に駆られるのはなんでだろう。(売れすぎたお笑いタレントほど、居なくなるのはなぜ?)そんな衝動が日曜の午前にふつふつと沸いてきた。かといって無計画な上、娯楽の少ない台北ではなかなかいいアイディアが浮かばない。う~ん、と考えて、ひねり出されたのが「ミャンマー人街」。Let's Go。

■ミャンマー人街
MRT南勢角より徒歩10分程度のところにミャンマー人が多く住む町がある。チャイナタウンのように観光目的で作られたものではない。日常生活に密着した市場、食堂、雑貨屋が密集していた。日曜の昼下がりなので、食堂ではまったりミャンマー系の人たちが酒を飲んだり、トランプしたり、井戸端会議をしていた。それは台湾の雰囲気ではなく、まさに東南アジア。ちょっと濃い空気が流れている。
とあるHPで紹介されていた食堂で、カレーと冷麺を食べたが、値段も安くなかなか。

■ちょっとした小旅行
ここは300メートル程度の通りなので、夜市場程度。観光目的の街ではないのでさほど見所もないが、不思議な雰囲気を味わえる。おかげで、午後3時には帰宅。その後の大雨を家の中から眺めて、ラッキーと思った。

投稿者 taipeih : 19:35 | コメント (0)

2005年08月18日

台北日誌202:ラッキョウを剥くようなもの

■戦後60年で議論がさかん
玉音放送から60年が過ぎた。台湾で日本のすばらしさや大切さを感じてから、戦後の問題に関して敏感になったと思う。しかし、それを差し引いても世論や論調が改めて戦争渦にあった日本を見直す動きが出ていると感じる。

■意外に逆かも
先日なにげなく戦争を議論する番組を見ていた。もちろん、肯定派と否定派で討論するのだが、面白い印象を受けた。肯定派側は「戦争自体は非であることは明確。しかし、当時は世界的な混乱の渦中に日本があった。生きるか死ぬかの究極の状況下にて、日本を守るために戦った人たちを現代の論理で否定することは出来ない」と、一歩以上もの歩み寄りを見せた温和な論調であった。一方、否定派は「戦時中の指導者の選択は明らかに誤りである。日本の行ったことは取り返しがつかない。近隣諸国への戦後保証をしっかりしなければいけない。」と、どちらかといえば好戦的な構えで、冷徹なまでに理論的で、相手を完膚なきまでにたたきのめそうという姿勢だった。もしかしたらこうした人が実際に戦争をするのではないかと思うほどだった。

■ラッキョウを剥くようなもの
ある人が言った。「あなたの考え方は現代的、理論的です。そうした考え方で戦争を論することは、まるでラッキョウを剥くようなもので、最後には何も残らないんですよ。」言いえて妙である。
戦争は非である。非であるがゆえに、論破しやすい。しかし時代、立場、状況によって、是も非もある。凝り固まった現在の我々の頭では想像もつかない。
日本を守ろうとした人たち、戦後の驚異的な復興に努力した人たち、かけがえのない魂の上に現代の日本が存在している。その心を安易に売り渡してはいけないと思う。

投稿者 taipeih : 12:39 | コメント (0)

2005年08月11日

ニヤリ北京語020:蛮牛

mannyou.gif北京語蛮牛
発音まん・にょー
意味栄養ドリンク商品名
いまどきで言えば「かなり牛」といった意味かな?

投稿者 taipeih : 12:58 | コメント (0)

台北日誌201:蛮牛

■グリコ、森永事件の再現
5月中旬、青酸化合物を混入した栄養ドリンクで脅迫計画をする事件が起きた。「有毒、飲むな」と書かれた10本の毒入りドリンクがコンビニに置かれ、5名中毒、そのうち1名が死亡した。「グリコ、森永事件」模倣犯と騒ぎ立てられ、「千面人」と名づけられた犯人はすぐに逮捕された。

mannyou.gif■蛮牛
その時に標的とされたのが保力達公司の「蛮牛」。オロナミンCやリアルゴールドに類似(?)した栄養ドリンクで事件発生後に店頭から姿を消し、1ヵ月後にスクリューキャップ部分に開封を見分ける透明カバーが取り付けられて再登場した。
この栄養ドリンクは人気があり、朝一番に飲んでいる人が結構いる。TVでは恐妻家の旦那がこれを飲んでポパイのように逆襲するといった、ユニークなCMが連日流れている。

■で、飲んでみました
ずっと気になっていたが、一昨日コンビニで見かけたので早速購入(20元)。決して恐妻家というわけではない、念のため。やっぱり飲むなら朝と決め、昨日の朝に飲んだ。
味はまさしく日本の栄養ドリンクそのまま。若干甘さが強いか。。。後味の悪さも同様。この後味が「効くう~っつ」という印象を与えるのだろう。
でも、何も体には変化ありませんでした。あまりにも予想通りで残念。

投稿者 taipeih : 12:55 | コメント (0)

2005年08月09日

台北日誌200:滑り込みセーフ

■重要法案が棚上げとか
「重要法案があるのに解散とは何事だ!」という意見があった昨日の出来事を思い出し、"193:ビザ免除"にて取り上げたビザ免除特別法案の行方が気になりました。
調べた結果。。。先週末の8月5日に滑り込みセーフ!ちゃんと参議院通っていました。
何が優先的に立法されるべきかはちゃんと調整されているようですな。
(ということは残されていたものは???)

■ビザ免除おめでとう、200回おめでたい
いやあ~よかったよかった。台湾のみなさん気軽に日本に来てください。大歓迎です。
また今回「台北日誌」が通算200回です。めでたいことが重なりました。

投稿者 taipeih : 11:07 | コメント (0)

2005年08月08日

台北日誌199:否決されましたな

■否決されましたな
本サイトの趣旨とは異なりますが、郵政民営化法案が否決されましたな。
否決した参議院ではなく、衆議院が解散と言うのはなんとも皮肉ですが、「法の門番」と言われる参議院が機能しためずらしいケースです。

■郵政民営化はの是非
正直、郵政民営化の是非が良く分かりませんでした。(勉強不足ですね)
「とりあえずやってみよう!」という発想は危険でしょうか?危険ですね。国政だから。しかし、お互い意固地になっているところを見ると、本意はそこにないような気がしてきます。なにか美味しいものが落ちていますか?

■サプライズ点火準備OK
郵政民営化の是非に争点が向きそうな様相ですが、サプライズが待っているようです。そう、8月15日はすぐそこ。解散総選挙は仕組まれたことなのか?と考えざるをえません。
そのサプライズには大賛成なのですが、先生たちは「政治理念より、サプライズが国民を動かす」と思われていますよ。そろそろ、われわれは政治無関心から卒業せねばいけないのです。でないと、ちゃっかりしている先生たちが、ぶくぶく太っていきますよ。

■ビジョンが欲しい
折角選挙するなら、日本の将来を描いて欲しいと思います。それも強い日本を。決して右向けといっているわけではありません。お間違えなく。日本人として胸をはることができる国としての、ビジョンを見せて欲しいと思いますが、いかがですかね?

某サイトで「こんなときにBlogはこぞって、解散総選挙を薄っぺらい論調で書く」とありました。
まさに図星。しかし、決して非難されるべきことではないでしょう。既にNetは世論形成の場です。

投稿者 taipeih : 18:02 | コメント (0)

2005年08月04日

台北日誌198:MATSA接近中

matsa.jpg■馬莎會來
昨日まではいい気候でしたが、今朝より天候が急に悪くなってきました。そう、台風接近中です。奴の名は「MATSA」。台湾名「馬莎」です。
発生当初は勢力が弱かったのですが、夏まっさかりの南海洋の恩恵を受けてすくすくと育ってしまいました。

■ウキウキと微妙
台湾直撃による危険が大きいと判断したとき、自治体は学校と仕事それぞれに対して、予定通りか休みかを案内します。例えばいずれも休みの場合は「不上班、不上課」というテロップが、テレビ画面を流れます。
子供の頃感じていたウキウキ感と、現実の狭間の微妙さを感じるひと時です。

■正直、今回はいいかな
先日休みだったし。。。。仕事溜まってるし。。。。野菜は値上がりするし。。。。

明日の休みが決まりました。台北市が休みなのか?会社決定なのか?知りませんが。

投稿者 taipeih : 12:22 | コメント (0)

2005年08月02日

台北日誌197:StarWars三昧

■盛り上がり不足?
現在StarWarsが上映中だが、台湾ではさほど盛り上がりを感じない。日頃、世間との接触をそれほど持っていないからか??ちなみに映画の公開はいつも日本より早いです。

■StarWarsとの28年
最初のStarWarsとの出会いは1977年。かれこれ28年も経ったことになり、これだけでも結構感慨深い。EPISODE4~6の3部作は日本で見たのだが、EPISODE1については台湾で見た。
これが苦い思い出となるのだが、あれほど楽しみにしていたにもかかわらず、だらだらしたレースの模様を見て寝てしまった。その後VIDEOも買った。やはり寝てしまった。
言葉も字幕も分からずに、想像のみを頼りにしたのでは、やはり限界があった。EPISODE2に至っては、映画館に行く機会と意欲を失い、VIDEO録画したものもそのまま放っておかれる有様だった。
EPISODE1~2はまさに筆者にとって暗黒の時といえる。(うまいっ)

■StarWars三昧
実はこの3週間ほどで6作全部を見る機会に恵まれた。EPSODE1→6の順で見たので、まさにSW三昧。世間にはいろいろと批評をしたがる人はいるものだが、素直にSWはいい。なんといっても最新作でEPISODE4に繋がる爽快さといったら、はずれない知恵の輪が解けた感覚に似ている。
是非EPISPDE4~6のリメークと、それ以降の3部作に期待したい。
(予定ないと言っても、いずれ出てくるって)
また、情けない話ながら「日本語字幕っていいなあ」と感じた。寝なかったし。

投稿者 taipeih : 12:32 | コメント (0)

2005年08月01日

台北日誌196:徒歩30秒の雪菜肉絲麺(50元)

■目の前にある定番
自宅マンションを出て信号を渡るとそこは麺屋だった‥・
ここには定番メニューが並ぶだけで、特別なものはありません。でも、こんな当たり前の麺を食べたくなる瞬間って結構多いです。(※写真は後日Upかも???)

■雪菜とは?肉絲とは?
雪菜(しゅえつぁい)は高菜に似た野菜でその青々とした茎と葉を食べます。もしかしたら高菜なのかもしれません。
日本では米沢に雪菜という野菜があるようですが、栽培方法(雪の中で育つ)や色(白菜のよう)を見ると、違ったものでしょう。高山など一部を除き、年中温暖な台湾で雪のない台湾で雪菜というのも、妙ですが。
肉絲(ろーす)は肉の細切りのことです。例えばチンジャオロースーって細い肉入ってます。
この2品を薄塩であっさりと炒めた具が、この麺に乗っています。これが、微妙な塩味でおいしい。

■オプション
細麺、太麺を選択可能です。おつまみが欲しい時は、隣で売っている噛味(るーうえい)を追加します。

投稿者 taipeih : 19:51 | コメント (0)