« 2005年10月 | メイン | 2006年01月 »

2005年12月16日

ニヤリ北京語025:聴不憧、看不憧

chinpun.jpg北京語聴不憧、看不憧
発音てぃん・ぶ・どん、かん・ぶ・どん
意味ちんぷんかんぷん
 「聴不憧」:聴いてわからない
 「看不憧」:見て(読んで)わからない

投稿者 taipeih : 12:30 | コメント (0)

2005年12月12日

台北日誌212:ちんぷんかんぷん

■「ちんぷんかんぷん」の語源
はっ!はっ!は!。えっへん。どーだあ!
日本語でまったく訳の分からないことを「ちんぷんかんぷん」といいますが、その語源を発見しました。中国語の「聴不憧(てぃんぶーどん)・看不憧(かんぶーどん)」が時代の流れで変化して、この言葉が生まれたと考えられます。
-------------------------
「聴不憧・看不憧」
「てぃんぶどん・かんぶどん」

「てぃんぶんかんぶん」

「ちんぷんかんぷん」
-------------------------
強引ですか?こじつけていますか?語源の意味が分からないと、そう感じるかもしれません。
では「聴不憧・看不憧」というのは中国語でどういう意味か?それは次回の「ニヤリ北京語」の更新にて明らかにしましょう。この流れるような話の進め方!いや~冴えている。

■言語学者とは想像性なり
辞書などを編集する言語学者のみなさんは、いろいろな資料や時代背景をもとに、こうした想像性を膨らませているのでしょう。興味ある事柄であれば、楽しく想像を膨らませることが出来るでしょうが、言葉一般にその範囲を広げると知識の豊富さが必然となり、大変な作業だと思います。

■俗で失礼
念のため、語源をWebで調べてみました。便利だ。

言語由来辞典「ちんぷんかんぷん」

見るんじゃなかった。。。orz
「中国語説は不自然で、たまたま音や意味が近かっただけの俗説と考えられる。。。」
ええ「台北ヘヴン」は俗なサイトですよ。というより人前にお見せするほどのものでもない。
しかしだ、言葉の広がりが教養のなかった人達によるものとする背景と、だから中国語から派生したとは考えにくい、というのは安易に人を下げてみていませんかねえ。やな感じ。

投稿者 taipeih : 13:05 | コメント (0)

2005年12月06日

台北日誌211:気になったことつらつらと

■Blogにも一定の飽きがきましたが
決まってのごとくHP空白の日々が続きましたが、その間いろいろなことが起きています。取りまとめなくつらつらと書き綴ろうと思います。

■台湾:日本人観光客100万人突破(11/21)
今年初めて台湾から日本への観光客が100万人を超えました。その背景には反日デモなどの影響もあると言われていますが、ともあれ多くの方が来て頂けることはよろこばしいことです。折角なので、台湾が好きになってもらえればと思います。

■台湾:台北101マラソン大会(11/20)
地上から展望台(約90階)まで一気に駆け上がるマラソン大会が開催されました。疲れることよりも目が回ることのほうがつらそうです。優勝は海外招待選手だったようです。その道の専門家でしょうか?

■日本:紀宮さまご成婚(11/15)
スポーツ以外なにかと暗いニュースばかりの日本という印象ですが、皇室関連のニュースは希望があっていいですね。結婚式、披露宴の様子も心あたたまりました。ありきたりですが、お幸せに。

■日本:地震に弱い建築物(最近)
みっともない責任のなすりあい。こんな大事は一人の建築士だけで出来ることではないのは明確。当初会見した場所(事務所?)も失礼ながらさほど立派ではないので、自発的に捏造のリスクを犯すことは考えにくい。あちこちで指摘されているが、公的資金投入する方針となっていることはあまりにも不可解。そんな中、キーパーソンである建築士と連絡が取れないという理解しがたいニュースが流れている。身を案ずるばかり。

投稿者 taipeih : 19:19 | コメント (0)