« 2006年08月 | メイン | 2006年11月 »

2006年09月25日

台北日誌232:千代大海に期待してみようか

■安馬残念でした
もしや!と期待させるほどの安馬検討でしたが、やはり上位陣の壁は厚かった。
某解説者の言葉「ここまででしょうね」という非情なコメントはそのとおりだった。
しかし、この1年だけを見てもその実力は上昇の傾向にあり、まだまだ今後に期待したい。

■日本人がんばれ
外国人力士の検討に、大きな拍手を送りたい。
「日本の文化が。。。」や「日本人力士が。。。」という意見は、既に議論するに足らない内容である。
日本人力士の復活を応援しようじゃないか!
台北ヘヴンではその先鋒として千代大海を応援します!

その理由は秘密。。。

投稿者 taipeih : 13:46 | コメント (0)

2006年09月22日

台北日誌231:本日の座布団一枚

■とある相撲記事にて
「四股名はアマでも、これがプロの真骨頂。」
ベタだけど、気づかなかった。うまい。

■今日は横綱戦ですな
綱取り、大関取りと先場所に次いで期待された今場所はその期待も泡となり、他でもない安馬が場所を盛り上げています。今日の横綱戦、客観的にみて厳しいのですが、何かが起こるそんな気をさせる安馬の相撲に期待したいと思います。もし勝ては、座布団が国技館を舞い、千秋楽までわからなくなります。

投稿者 taipeih : 12:13 | コメント (0)