« 台北日誌246: ささやかなぜいたく | メイン | 台北日誌248: 怒涛のBlog更新 »

2008年04月10日

台北日誌247: やめちゃうべきでは

■巡業中止でどうか
世界巡業中の聖火リレーですが、率直にやめちゃうべきと思います。

-本来期待していたであろう、聖火リレーとは既に違うはず
-聖火自体を正義とか悪とかを議論するような無益に向かっている
-混乱を起こす可能性の大きいものを、そのまま継続すべきではない
-全体的にトラブルを期待しているような風潮が感じられる
-万一起きた事故によっていらぬ遺恨を残すことになる
.....
....
百害あって一利なし。世界はどうあれ、自己判断で中止でもいいんじゃないかと思います。

■「政治とスポーツは...
一緒ではない。一生懸命練習した選手がかわいそう」。。。という意見を良く見ますが、残念ながらそうではないことを今の状況は示していますし、今回はそこまでの状況だということでしょう。

■健全な競技ならばいい
五輪がいろいろと政治化されるのは、この先も避けられないでしょう。
健全に競技が行われるのであれば是非見たいのですが、そこまでに息切れしそうです。

投稿者 taipeih : 2008年04月10日 17:31

コメント

コメントしてください




保存しますか?