« 2010年06月 | メイン | 2010年09月 »

2010年07月28日

台北日誌362: On Time

■そろそろ腹ペコ20時ですよ
TP362.jpg
Nokia6500s / 画像加工
2010/07/28@オフィス

■今日は冴えてた
忙しくて、バタバタしていた一日だったが、こういう日は時間の感覚が冴えてる。
時計見なくとも「今だいたい○○時○○分!」と時計を見たら、ほぼ的中。
すばらしいじゃないか!

でもぉ。
今晩出張者と飯食わねばならぬが、その人たちの仕事が終わらん。
なんとかならんのか、それ。
まぁ、まだまだやることあるからいいけどね。

少しだけ息抜いてみました。

投稿者 taipeih : 19:58 | コメント (1)

2010年07月22日

台北日誌361: 藍空

■特別に見える景色
TP361.jpg
Nokia6500s / モード=通常 / +0.0EV / 縮小
2010/07/21@帰宅途中

■夜の藍空
台北は交通量も多く空気もキレイとはいえないと思いますが、10年前よりはずいぶんましになったと思います。
それは、環境にやさしくなったのか、体が慣れてしまったのかは分かりません。

抜けるような真夏の青空が、夜更けには藍色を映し出すことがあります。
好きですね。この色。
刻一刻と変わる色表情から、目を離せなくなります。
そして、それに重なる普段の景色も、澄んだ雰囲気を出します。

残念ながら携帯電話写真では、もひとつ表現できていない気もしますが、それも一瞬の表情です。

投稿者 taipeih : 12:51 | コメント (0)

2010年07月14日

台北日誌360: 壮絶からめん

■麻辣乾麺大王-中辣
TP360.jpg
GRD3 / モード=Auto(1/24sec, F1.9, ISO154, WB:Auto) / +0.0EV / 縮小
2010/07/13@家

■汗噴出す
夕食を購入して帰宅。
時々、辛い食事を欲するのは、台湾の麻辣火鍋とタイのトムヤンクンのおかげです。
彼らがいなければ、今の俺はなかった。

で、以前から気になっていた麻辣乾麺大王にGO。
台湾の食堂にはあるまじき黒っぽい雰囲気のたたずまいで、怪しさ満載。
中に入ったら、一番辛いメニューを制覇した人の名前が壁にかけられていた。

その雰囲気に圧倒されて、乾麺の中辣(大盛り)をテイクアウト。

家に帰り、器を入れ替えて、一口すする。
プッ、ゲホゲホ。
壮絶な辛さはあっという間に全身を駆け巡り、頭皮から汗が噴出す。
これはすすってはいけないんだと悟り、二口、三口。
唇がはれ上がったような感覚に陥る。
カミさんが笑い転げている。
四口、五口。。。もうだめ。
壮絶な辛さで、それが痛さとしか感じなくなる。
カミさんが笑い転げている。

パン パカ パーカ パーン。
秘密兵器「お酢」登場。
ありがとう、ドラえもん。

お酢を振り掛けるとアラ不思議、辛さが半分以下になり、すいすい食える。
食える、食える、わっはっはっは、すげえぞ俺。
。。。が、また突然の辛さが戻ってきた。
どうやら、器の底に近くなり、辛さが増したようだ。
で、終戦。

半分くらい食っただろうか、いいダイエットになった。
カミさんがはまだ笑い転げている。
楽しい夕食になったので、これはこれでよし。

で、翌日KMがイタイのはお約束。
これだから辛いものはヤメラれない、という趣味ではない。

投稿者 taipeih : 12:55 | コメント (0)

2010年07月07日

台北日誌359: 滑り込み七夕

■短冊勢揃い
TP359.jpg
GRD3 / モード=Auto(1/9sec, F1.9, ISO154, WB:Auto) / +0.7EV / 縮小
2010/07/07@家

■叶いますよう
初めての七夕ぐらい、盛大じゃなくとも短冊ぐらいは。。。と、昼間に思っていても
帰宅する頃にはヘタレで忘れるのです。
台湾時間23時、昼間に録画した子供番組を見せといて、気づかされる。
慌てて、ミニ短冊をつくって、ミニ開運竹の周りにデコしました。
間一髪ミニミニセーフ。

投稿者 taipeih : 23:28 | コメント (2)