« 台北日誌390: 月と101 | メイン | 台北日誌392: やっかいな18番ホール »

2011年06月15日

台北日誌391: こそば打ち

■蕎麦打ち
TP391.jpg
K-x / モード=Auto(1/30sec, F5.0, ISO400, WB:Auto) / +0.0EV / 縮小
2011/06/12@忠孝そごう対面料理教室

■こそば
日本より蕎麦打ちの先生が来てて、ひょんなことから参加しました。
実は台北で蕎麦を打つのはこれが二度目。
一度目は友人宅でDVDを見ながらの挑戦でしたが、太くて、ぱさぱさしてて、今だから言えるけど食いもんじゃなかったです。
今回は、うまかった。
これは、料理教室ならではの事前準備(そば粉調合、水分量)の成果だと思いました。
この蕎麦、日本のこそばという品種で、かなり貴重です。

投稿者 taipeih : 2011年06月15日 17:22

コメント

コメントしてください




保存しますか?