« 2011年05月 | メイン | 2011年07月 »

2011年06月30日

台北日誌396: 茘枝(ライチ)旬

■どっさり
TP396.jpg
GRD3 / モード=Auto(1/73 sec, F1.9, ISO64, WB:Auto) / +0.0EV / 縮小
2011/06/25@通化町夜市

■見事な色合い
この時期、ライチの旬で、終盤に差し掛かっています。
見事なまでの紅い色、食べごろがどっさりと夜市の入口を彩っていました。
こんな見事な色をしているのも1~2日程度です。
まさに「今食べごろ」というシグナルです。

投稿者 taipeih : 13:00 | コメント (0)

台北日誌395: No168 Prime Steakhouse

■カニの前菜・ステーキ
TP395.jpg
GRD3 / モード=Auto(1/32sec, F1.9, ISO71, WB:Auto) / +0.0EV / 縮小

TP395-2.jpg
GRD3 / モード=Auto(1/32sec, F1.9, ISO154, WB:Auto) / +0.0EV / 縮小
2011/06/05@No168 PRIME STEAKHOUSE

■今ステーキならここ
「ああ、肉くいてぇ」って定期的に思います。
焼肉だったり、ステーキだったり、交互にやってきます。
焼肉は日本のチェーン店も多くなりましたが、ステーキとなると一寸格が上がって決め手に欠けていました。
今回オススメしてもらった「No168 Prime Steakhouse」 ----> 最高。
前菜からスープ、メイン、付け合せ、デザート、飲み物とスキなし。
店の雰囲気、サービスも完璧。
しばらくステーキはここに決定。

投稿者 taipeih : 00:00 | コメント (0)

2011年06月29日

台北日誌394: 焼鴨弁当

■焼鴨弁当
TP394.jpg
GRD3 / モード=Auto(1/32sec, F1.9, ISO148, WB:Auto) / +0.0EV / 縮小+トリミング
2011/05/29@自宅

■北京ダックと比べて
見た目や上品さでは引けを取りますが、決して負けていません。
鴨の魅力は香ばしい皮だけではなく、肉を一緒にほうばった際の味わいです。
皮だけでは油っこいし、肉だけでは一寸癖がある。
焼鴨弁当、ふと食べたくなる時があるんです。
悩ましいのは近所に美味い店がないこと。

投稿者 taipeih : 18:42 | コメント (0)

2011年06月20日

台北日誌393: 夏増

■かつては台北最高峰ビル
TP393.jpg
K-x / モード=Auto(1/800sec, F11, ISO200, WB:Auto) / +0.0EV / 縮小
2011/05/26@台北駅前新光三越

■夏らしくなってきた
端午節(6/6)が過ぎてからめっきり夏らしくなりました。
好天が一転、午後にスコールを伴う天候です。
上の写真はその前に撮ったものですが、今の天候はこんな感じ。

投稿者 taipeih : 17:29 | コメント (0)

2011年06月17日

台北日誌392: やっかいな18番ホール

■台湾GC
TP392.jpg
GRD3 / モード=Auto(1/1410sec, F5.6, ISO800, WB:Auto) / +0.0EV / 縮小
2011/06/04@台湾GC

■やっかいな18番ホール
ここ台湾GCは台湾でももっとも古いゴルフコースで、台北市内から車で一時間弱の淡水にあります。
台湾の有名ゴルファーを多く排出する名門コースの一つです。
筆者はありがたいことに、知り合いに会員が多く、ここでプレーする機会が多いです。
他のゴルフ場に比べて、比較的距離が長く、フェアウエイが狭く木で囲まれているので、難易度の高いコースです。

写真はクラブハウスのテラスから望む18番クリーンです。
綺麗だ。

このホール、狭いフェアウエイを外すと起伏が激しく、グリーンもうねうねしていて、結構厄介ものです。

投稿者 taipeih : 17:30 | コメント (0)

2011年06月15日

台北日誌391: こそば打ち

■蕎麦打ち
TP391.jpg
K-x / モード=Auto(1/30sec, F5.0, ISO400, WB:Auto) / +0.0EV / 縮小
2011/06/12@忠孝そごう対面料理教室

■こそば
日本より蕎麦打ちの先生が来てて、ひょんなことから参加しました。
実は台北で蕎麦を打つのはこれが二度目。
一度目は友人宅でDVDを見ながらの挑戦でしたが、太くて、ぱさぱさしてて、今だから言えるけど食いもんじゃなかったです。
今回は、うまかった。
これは、料理教室ならではの事前準備(そば粉調合、水分量)の成果だと思いました。
この蕎麦、日本のこそばという品種で、かなり貴重です。

投稿者 taipeih : 17:22 | コメント (0)